5.22 (thu) – 6.9 (mon) ”おぼんとお膳” 骨董展

 

yoshimori shimizu select vol.4

”おぼんとお膳” 骨董展

5月22日(木)ー6月9日(月)

 

 

清水喜守さんセレクトの古道具展・第四回目は”おぼんとお膳”。

昨今、家庭におぼんやお膳があるという家が減ったように思う。
ちゃぶ台はテーブルに、食事はワンプレートに、飲み物はペットボトルになり、おぼんやお膳を必要としない家庭が増えたからでしょうか。
ですが、日々の食事やお茶の時間に、おぼんに乗せて運ぶ、お膳に乗せて出すという事こそ食べる人やその時間を大事にする事ではないかと思うのです。
そしてその姿は見るものにも美しいと感じさせる姿であると思う。

今回の展示では19世紀李朝十二面小盤天盤や明治時代の秋田春慶懐石膳などとともに、日常使いのおぼんやお膳も数多く並びます。 またお茶の時間に活用していただける木目の美しい煎茶盆なども並び、幅広い内容になっています。

 

暖かい季節となり、町歩きにも良い季節です。
ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

 

 

profile
清水喜守 yoshimori simizu

岐阜県関市生まれ
油絵画家の父と歴史家の母の影響で小学生の頃から骨董屋に入り浸る
14歳でイギリス留学
5年間をパブリックスクールで過ごす
パブリックスクール卒業後2年間イギリスと日本を行き来しながら古美術品の売買を学ぶ
オークション会社サザビーズで西洋装飾美術を学ぶ
大英博物館で東洋美術史を学ぶ
ロンドン大学大学院で修士号を取得
現在古美術商として活動中
日本の古美術を軸に世界中の古美術・古道具を扱う