12.5(thu)-12.23(mon) 小さきもの 手の上の骨董展

yoshimori shimizu select vol.3

”ちいさきもの”  手の上の骨董展

12月5日(木)ー12月23日(月)

 

 

岐阜県にて古物商をされている清水喜守さんの古道具展の第三回目は”小さきもの”。
タイトルの通り、今回の展示は手の上におさまる小さな骨董が主役。
今回の展示前、清水さんはニコニコと嬉しそうに小さな骨董を見せてくれた。
小さきものには不思議と人の顔を綻ばせ笑顔にしてくれる力がある。
そして古くより人は小さきものを愛で、虜になってきた。
だからこそ大事にされ、今もなおこの姿で残っているのであろうと推測される小さきものたち。
今展ではなんとも愛らしく美しい小さき骨董が所狭しと並ぶ。
見るだけで、微笑ましく、宝探しのような子供心にも還らせてくれる。

今年最後の展示となります。
師走の忙しい中とは思いますが、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。
在廊日 12月6日(金)

 

 

 

profile
清水喜守 yoshimori simizu

岐阜県関市生まれ
油絵画家の父と歴史家の母の影響で小学生の頃から骨董屋に入り浸る
14歳でイギリス留学
5年間をパブリックスクールで過ごす
パブリックスクール卒業後2年間イギリスと日本を行き来しながら古美術品の売買を学ぶ
オークション会社サザビーズで西洋装飾美術を学ぶ
大英博物館で東洋美術史を学ぶ
ロンドン大学大学院で修士号を取得
現在古美術商として活動中
日本の古美術を軸に世界中の古美術・古道具を扱う