2021.11.20(sat)-29(mon)    早川ユミ 衣展

2021.11.20sat-29mon
yumi hayakawa solo  exhibition

 

早川ユミ

 

種みたいに、土を着る
土着の衣服のかたち展

 

作家在廊 20日(土)21日(日)

 

コロナ禍の時代に
みえるもの、みえないもののあいだで、
わかること、わからないことのあいだで
土から生まれるものと、土に還るもののあいだで、

 

自然とともに生きるための
ひとつの生きかた、
土着的に、土と生きる。

 

資本主義にまるっと、よりかからず、
じぶんのたべものや着るものを、
ちいさく手でつくると
よろこぶ、手やからだやひふ。
農夫もんぺ
農婦まえかけ
タイの農民服
メオ族の農民服
ネパールの農民服

 

野良着になるような
草刈りや種まきや収穫に
土と生きるくらしのために
土を着る、土着の衣服をつくりました。

 

うごきやすくて、うでがまわり、草刈りしやすいもんぺ。
ふだんの服のうえに着るスモックやタブリエ。
アトリエタブリエ、かっぽう着など、いろいろ。

 

早川ユミ

 

 

早川ユミ (はやかわゆみ/布作家)

 

1957年生まれる。アジアの旅する布たち、手紡ぎ手織布カディ、藍、黒檀の実、
泥染めなど草木染の布、山岳少数民族の布、
柿渋で染め た布、備後節織りの布、遠州紡ぎ布、リトアニア麻布を
ちくちく手縫いもして、にっぽんの農民服もんぺや、
ネパール農民服、メオ族農民服、チベッタンワンピースなど衣服をつくり、
展覧会をひらいている。
夫である陶芸家の
小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、ちいさな畑に種まき、
ちいさな果樹園に果樹を植え、日本みつばちを飼っている。

 

HP http://une-une.com/
Blog http://yumipepe.exblog.jp/

ちくちくワークショップ2021

 

種をまくように、
ごはんをつくるように、
服をつくろう

 

11月20日、21日とユミさんを囲んで
ちくちくワークショップを開催します。

11月20日(土)11:00-15:00頃
作るもの 野生パンツ
参加費 10500円(星月夜のお弁当付き)満席です

11月21日(日)11:00-14:00頃
作るもの 花びらぶくろ(旅茶わんやおべんとうの袋になります)
参加費 6500円(星月夜のお弁当付き)

 

両日とも持ち物 糸切バサミ

 

ご予約方法
11月6日(土) 20時より受付開始
メールにて下記内容をお送りください。
申し込みアドレス
kurashi@hosizukiyo.jp
件名に「ちくちくワークショップ」として
1 お名前(参加者全員のお名前)
2 電話番号(当日でも連絡の取れる携帯番号など)
3 参加人数
4 参加希望日
上記1〜4を入力してメールを送信してください。