2021.3.20(sat)-4.4(mon) 小野哲平×金憲鎬 二人展 風を見たか

2021年3月20日(土)〜4月4日(月)
小野哲平×金憲鎬 二人展 
風を見たか

 

 

 

 

作家在廊日20日(土)

 

 

哲平さんの元を初めて訪れた時
キムさんとの二人展ならやってみたいな、と
哲平さんが言った。

 

キムさんのものづくりは僕が思ってきたものと
同じだと思うからと。

 

同じ年に生まれ、
同じ陶芸家として
それぞれの道を歩んで来た二人。

 

始めた頃から二人が変わらず持ち続ける
ものづくりに向きあう理由がある。

 

自分が自由になるために、
それを持つ人が自由になるために。

 

そのものの表面ではなく
そのものの向こう側が見えることを願って。

 

見えないものを見ること。
その先を見ようとする事が大切だと教えてくれている。

 

風を見たか。

 

キムさんと何度か話す中で聞いた言葉。
それが二人の作り手の想いを表している様な気がする。

 

伝えたいことは沢山ありますが
お二人の作品をみて感じていただきたい。

 

小野哲平、金憲鎬、両氏初の二人展です。
どうぞご高覧ください。

 

 

 

profile
小野哲平/ono teppei
1958年愛媛に生まれる
1978年備前にて弟子になる
1980年沖縄・知花にて弟子になる
1982年常滑・鯉江良二さんの弟子になる
1984年アジアの弟子となり各地を訪問して制作
1998 高知の山のてっぺんのライステラスの真ん中に移住
2013年 3年がかりで薪窯をつくり、薪窯の弟子となる

 

 

金憲鎬/kim hono
1958年 愛知県瀬戸市に生まれる

 

 

talk event
18:30 start / 20:00 close
1500円+1drink order

 

ものづくりに向き合ってきた二人が語る
「ものづくりとは」「ものを選ぶということとは」。
使い手だけではなく、作り手や、そこに携わる人にも聞いていただきたい、
二人が続けてきたものづくりについてのお話会です。
皆さんにも話に参加していただける様な会にしていきたいと思います。
どうぞご参加ください。

 

 

お申し込み方法
※申し込み受付は終了いたしました。
参加をご希望の方はメールにて下記内容をお送りください。
1 名前(参加希望者全員の名前)
2 電話番号
3 参加希望動機があれば教えてください
またはお二人に聞きたいことでも大丈夫です

 

お申し込みメールアドレス kurashi@hosizukiyo.jp
※お申し込みが多数の場合は抽選とさせていただきます。また早々に受付終了とさせていただくことがございますので、HPにてご確認ください。

 

 

ono-kim_h3.jpeg