2020.3.15(sun) – 23(mon) art&antique28 vol,11 ”16-17”

 

 

 

 

古美術28
”16−17”
2020年3月15日(日)ー23日(月)
時間・12−18時(火曜、水曜定休)

 

 
 

 

11回目の星月夜での企画展です。
今回は16世紀、17世紀という時間軸から世界の品々を見つめてみました。

 

足利の世から戦国時代を経て徳川の天下になるという大きな転換期でもあった日本。
そして明朝から清朝へと移行した中国。
東インド会社が黄金期を迎えるオランダなど、歴史的に見れば非常に面白い時代です。 

しかし今回はそんな壮大なスケールではなく、
我々「古美術28」と「星月夜」の好みの物を少しずつこの時代からつまむという
カジュアルかつパーソナルな趣向で臨みたいと思います。

 

当然ながら今回は300年以上前に作られた品々ばかりにはなりますが、
買いやすくて楽しい物が中心ですのでぜひ遊びにいらしてください。

 

 

古美術28 清水喜守 殷美

 

 

 

 

前回の白展から二年、11回目となる古美術28の企画展。
この二年でお二人の仕事も広がり、さらに躍進しておられる様です。
古美術28 二人の眼で選んだ16-17世紀の古物。
私たちも心待ちにしています。
どうか皆さんも楽しみにしていてください。
きっと彼ららしい面白さを味わえると思います。