2018.12.8sat – 17mon     黒川登紀子 ガラス展 melting

 

黒川登紀子
melting
2018.12.8(土)〜12.17(月)
作家在廊日 8日(土)

 

 

黒川登紀子さんのガラス作品の魅力は
涼しい印象のガラスに温かみを感じるところ。
私が惹かれたのは冬の天気にも似た乳白色の作品たち。
何とも言えないやわらかな色合いは
季節に合わせて印象を変えていく。

 

また実に沢山の色のレパートリーがあり、
カラフルなガラスは食材との色合わせが楽しい。
黒川さんの作品は料理が映えるガラスだと思う。
黒川さんはガラス作家としてスタートした後
12年お母さんとしてしっかり子育てに専念、
その後作家活動を再開されました。
毎日家族のためにご飯を作って来た人だからこそ、
一年中料理が映えるガラスを生み出せるのかもしれない。

 

今年最後に、冬の空気の中で見るガラスたちは皆さんの目にはどんな風に映るのだろう。
黒川登紀子さんの色の世界、
多くの方に楽しんでいただけましたら幸いです。

 

プロフィール

黒川登紀子   Tokiko Kurokawa
香川県高松市のガラス工房(glass bee studio)にて、
吹きガラスで皿やコップなどを制作するガラス作家。
子育てのため12年作家としての活動を休止したのち、2013年に復帰。
手がける作品は、ガラスとは思えない独特な色が特徴。

 

※黒川登紀子 作品展に関するお知らせ

黒川登紀子さんのガラス作品につきまして、
現時点でお問い合わせを多く頂戴しておりますので、
整理券配布やおひとり様あたりの購入点数制限を設けさせていただきます。

・初日8日(土)は、ご案内の順番となる整理券をAM11:00〜11:30に配布いたします。

・初日に入場制限なしでお入りいただけるのは、
15時以降とさせていただきます。
(それより前にお入りいただくことも場合によりございます)

・ご購入は[お会計ご本人さま・お一人5点まで]とさせていただきます。

・展示期間中の黒川さん作品のラッピングはお受けできません。

・黒川さん作品のお取り置き及び通信販売はお受けできません。

・一度にたくさんの数をお手元に確保するなどはご遠慮くださいますようお願いいたします。

・手元に確保されるものは購入を決められた商品だけに限らせていただきます。

・期間中に追加の予定はございません。

・小さなお子様をお連れのお客様はお子様から目を離さないようお願いいたします。

・1点1点大切につくられた作品です。
ガラスの繊細な作品となりますので、お取り扱いにはお気をつけくださいますよう、お願い申し上げます。

・クレジットカードのご利用は1万円以上となります。
会計処理に時間がかかるため、
できるだけ現金でのお支払いにご協力頂けますようお願い申し上げます。

どうぞご了承の程お願いいたします。