2016.7.16(sat)-31(sun) go takagi exhibition

 

 

 

高木 剛 陶展

2016年7月16日(土)〜7月31日(日)
作家在廊日 7月16日(土)

高木 剛 プロフィール
1978 鹿児島に生まれる
1998 田村六鵬氏(山梨)に師事し焼物をはじめる
2002-2007 東京都江東区にて作陶する
2008 京都に移住
京北町にて粉引き器を主に制作

 

 

高木さんの器を知ったのは、高木さんの奥様との出会いから。
同じ金継教室に通う奥様の直している使い込まれた器が
とてもかっこよく育っていた。
誰のものかと訪ねると旦那様の剛さんの作品との事。

そして展示の話を進める中、
京北町のご自宅件工房に訪ねた時に
剛さんの器の数々を使い、奥様が心を込めて作った手料理を用意して
お二人は出迎えてくださいました。

そこで出された器もまた使い育てられ実に良い表情をしていた。

日々器を作り、使い、器を育てるお二人。
剛さんの器は使うごとに育ち、より魅力的な器になっていく。

愛知では始めての展示との事。
高木剛の器、そして粉引きの器の魅力をぜひ感じて頂けたらと思います。
また今展では新作の野焼きの器も並びます。
ぜひご高覧ください。

星月夜 加藤里奈