2017.5.20(sat)-29(mon)    早川ユミ 小野セツロー 二人展

早川ユミ たねまき生活の衣服たち 展
くらすことは、つくること つくることが、くらすこと
2017年5月20日(土)~5月29日(月)
会期中火曜・水曜休み
作家在廊日 20日、21日
高知のお山のてっぺん谷相で種をまき、そだて、
日々のくらしとともにあるユミさんのちくちく針仕事。
心豊かな暮らしから生まれるたねまきびとの衣服。
たねポケットのあるもんぺ、チベッタンワンピース、カレンシャツ、
メオ族農民服、ネパール農民服、絵日記スモックなど、
くらしに寄り添う衣服が並びます。
早川ユミ (はやかわゆみ/布作家)

1957年生まれる。アジアの旅する布たち、手紡ぎ手織布カディ、藍、黒檀の実、
泥染めなど草木染の布、山岳少数民族の布、
柿渋で染め た布、備後節織りの布、遠州紡ぎ布、リトアニア麻布を
ちくちく手縫いもして、にっぽんの農民服もんぺや、
ネパール農民服、メオ族農民服、チベッタンワンピースなど衣服をつくり、
展覧会をひらいている。
夫である陶芸家の
小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、ちいさな畑に種まき、
ちいさな果樹園に果樹を植え、日本みつばちを飼っている。

ホームページ http://une-une.com/
ブログ http://yumipepe.exblog.jp/

ちいさなくらしのたねレシピ』出版記念
くらしの、たねをまこう。木を植えよう。
2017ちくちくツアーたねまきワークショップのお知らせ
この春出版されたユミさんの本「ちいさなくらしのたねレシピ」(PHP研究所)の
出版を記念してワークショップを開催いたします。


小野セツロー くらしのてしごと展

くらすことは、つくること つくることが、くらすこと


5月20日(土)~5月29日(月)

会期中火曜・水曜休み
今年で88歳を迎えられたものつくりびと、小野セツローさん。
木を削り、うるしをぬり、めぐりあわせた
うつくしい古代のビーズでつくるかんざし。
どうぶつや仏様のすがたをした土人形。
野の草花や暮らしの道具のスケッチ。
ものつく りが好きで好きでしかたないセツローさんの手から生まれる、
手のあたたかさを感じる作品が並びます。

小野セツロー (おのせつろー/洋画家)

1929年生まれる。高知県在住。
自らの美のものさしで、かんざし、匙、土人形、草花のスケッチを制作。
2005年 手の仕事の魅力を伝えた『セツローさん』(祥見知生著・ラトルズ)、
2006年 『セツローさんのスケッチブック』(ラトルズ)、
2008年 初めての作品集『セツローのものつくり』(アノニマ  スタジオ)、
が刊行される。

ホームページ http://une-une.com/